第4回ジャパンカップダート(フリートストリートダンサー、アドマイヤドン)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダートでは無敵といわれていた

アドマイヤドン。

断然の1番人気で迎えたこのレース。

最後の直線、先頭を走るフリートストリートダンサーを

きっちり捕らえた。さあ、あとは差を広げていくだけ。

誰もがそう思った。

しかし競馬に絶対はない。神はいる。

フリートストリートダンサーはそこから騎手の鞭に応え、

さらにもう一度伸びして競りかけてきたのだ。

観衆の誰もが驚いた・・・そして勝ったのがフリートストリートダンサーだったのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://june-6.net/index/mt-tb.cgi/18

コメントする

このブログ記事について

このページは、keiba-meishoubuが2013年11月25日 05:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第92回天皇賞・秋(ギャロップダイナ、シンボリルドルフ、ニホンピロウィナー)」です。

次のブログ記事は「サイレンススズカを振り返って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8