第116回天皇賞・秋(エアグルーヴ、バブルガムフェロー)

| コメント(0) | トラックバック(0)

史上初の天皇賞・秋を制した名牝エアグルーヴ。

ダントツの一番人気は昨年3歳でこのレースを制した

バブルガムフェロー。

誰もが2連覇を予見していた。

たいしてエアグルーヴは2番人気。

入着はあっても、優勝までは・・・そんな観客の思惑が

感じられる人気であった。

牝馬が天皇賞・秋を優勝を優勝するとは。。。

ゴール前はマッチレース。わずかに先頭でゴールしたのは

牝馬のエアグルーヴだった。鞍上は武豊。できすぎともいえるドラマだった。

※ちなみに先頭で大逃げをしたのは能力開花前のサイレンススズカ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://june-6.net/index/mt-tb.cgi/20

コメントする

このブログ記事について

このページは、keiba-meishoubuが2013年12月 1日 18:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サイレンススズカを振り返って」です。

次のブログ記事は「第58回阪神ジュベナイルフィリーズ(ウオッカ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8